カテゴリー別アーカイブ: セミナー案内

The 18th Logic and Computation Seminar

Date: Friday,  15 November 2019, 13:30-18:00
Place:  Nishijin Plaza, Multi-purpse Room(2-16-23 Nishijin, Sawara-ku, Fukuoka-shi)
http://nishijinplaza.kyushu-u.ac.jp/english/index.php

Program:
13:30 – 14:10 Daniel Gaina (Kyushu University, Japan)
Birkhoff Completeness for Hybrid-Dynamic First-Order Logic
14:30 – 15:00 Walter Guttmann(JSPS International Research Fellow /
University of Canterbury, New Zealand)
Algebras for Minimum Spanning Tree Problems
15:20 – 15:50 Hitoshi Furusawa (Kagoshima University, Japan)
On Continuity of Relations
16:10 – 16:40 Yasuo Kawahara (Kyushu University, Japan)
History of Relational Calculus
17:00 –  18:00 Free Discussion

Contact: Yoshihiro Mizoguchi (Kyushu University)
ym @ imi.kyushu-u.ac.jp


第18回論理と計算セミナー
日時: 2019年11月15日(金) 13:30-18:00
場所: 九州大学西新プラザ多目的室 (福岡市早良区西新2-16-23)
http://nishijinplaza.kyushu-u.ac.jp/index.php

13:30 – 14:10 Daniel Gaina (九州大学)
演題: Birkhoff Completeness for Hybrid-Dynamic First-Order Logic
概要: Hybrid-dynamic first-order logic is a kind of modal logic obtained by enriching many-sorted first-order logic with features that are common to hybrid and to dynamic logics. This provides us with a logical system with an increased expressive power thanks to a number of distinctive attributes:
(a) first, the possible worlds of Kripke structures, as well as the nominals used to identify them, are endowed with an algebraic structure;
(b) second, we distinguish between rigid symbols, which have the same interpretation across possible worlds — and thus provide support for the standard rigid quantification in modal logic — and flexible symbols, whose interpretation may vary;
(c) third, we use modal operators over dynamic-logic actions, which are defined as regular expressions over binary nominal relations.
In this context, we propose a general notion of hybrid-dynamic Horn clause and develop a proof calculus for the Horn-clause fragment of hybrid-dynamic first-order logic. We investigate soundness and compactness properties for the syntactic entailment system that corresponds to this proof calculus, and prove a Birkhoff-completeness result for hybrid-dynamic first-order logic.

14:30 – 15:00 Walter Guttmann(JSPS International Research Fellow /
University of Canterbury, New Zealand)
演題: Algebras for Minimum Spanning Tree Problems
概要: Relation-algebraic methods have been used to develop algorithms for unweighted graphs. This works well because unweighted graphs can be directly represented as relations. We study a generalization of relation algebras in which the underlying Boolean algebra structure is replaced with a Stone algebra. The generalized algebras model weighted graphs, which do not have direct representations as binary relations. Using the new algebras we prove the correctness of Prim’s and Kruskal’s minimum spanning tree algorithms. We show that these algorithms solve various optimization problems with different aggregation functions, not just the original problem they were designed for.The proofs are formally verified in Isabelle/HOL, including the overall Hoare-logic argument, algebraic theories, calculations and models.

15:20 – 15:50 古澤 仁(鹿児島大学)
演題: On Continuity of Relations
概要: This talk provides 4 equivalent conditions with
the continuity of relations adopted by Brattka and Hertling
to investigate computability of relations. As the case of
continuous functions, each condition characterizes continuous
relations by respectively using open sets, neighborhoods,
closures, and closed sets. A notion of sequential continuity
is also studied. We show a relevance between continuous relations
and sequentially continuous relations which is, again,
analogous to the case of functions.

16:10 – 16:40 河原康雄(九州大学名誉教授)
演題: 関係計算の歴史をふりかえる
概要: 関係計算の約170年の歴史を独断と偏見を交え振り返り、これからの研究の糧としたい。

17:00 –  18:00 自由討論

問合せ先: 溝口佳寛 (九州大学マス・フォア・インダストリ研究所)
ym @ imi.kyushu-u.ac.jp


※この研究集会の一部は
科学研究費補助金 基盤研究C 課題番号:17K05346 研究代表者:溝口佳寛,
の支援のもと開催されます。

第2回 論理と計算サマースクール

論理と計算サマースクール(LCSS)では、論理と計算セミナーと同様に,計算理論、関係理論、セルオートマトン、グラフ理論など、論理と計算に関する話題のほか、分野や話題を限定することなく、様々な分野の研究者との交流を行います.専門分野を限ることなく、幅広い分野の研究者が意見交換を行うことで、研究活動を活性化する機会を提供します。特に,学部生・修士生を中心とする超若手研究者に,研究発表,研究者との議論を通して,研究への意欲向上,研究の質向上を図り,未来の研究者育成をも目的の一つとしています.

日時:9月2日13:00~3日12:00の1泊2日
場所:福岡工業大学 FITセミナーハウス(大分県由布市湯布院町)
http://www.fit.ac.jp/shisetsu/kagai/seminar/index
参加費:一般10,000円,学生5,000円
参加申し込み締切:8月9日
(宿泊人数に制限があるため,締切日前に申し込みを締め切る場合があります.)
参加される学生には,10分程度の講演をお願いします.

プログラム:
9月2日
13:00 — 14:15 LCSS 1
14:30 — 15:45 LCSS 2
16:00 — 18:00 第17回 論理と計算セミナー
20:00 — 22:00 自由討論
9月3日
9:30 — 11:00 LCSS 3

講演:
LCSS 1 : (座長:九産大)

  1. 堀部 陸(福工大情報工):ライフゲームへの異なる種の導入と考察
  2. 田中 誠(九産大情報科学):セルオートマトンを用いた避難流動システムの開発
  3. 松崎 翔大(福工大情報工):Turing Tumbleによる$\mathbb{Z}_{\geq 0}$上の演算の実現
  4. 大石 悠衣(九産大情報科学):セルオートマトンを利用した暗号化処理システムの構築について

LCSS 2 : (座長:福工大)

  1. 田口 凌介(九産大情報科学):コミュニケーションワークへのMoodle活用とワークの違いについて
  2. 渡壁 いくみ(九産大情報科学):Moodle利用の教員負担軽減に向けた機能開発について
  3. 山辺 涼太(福工大情報工):オセロにおける同色駒導入とその効力の解析
  4. 中村 貴明(九産大情報科学):セルオートマトンを用いた暗号化における鍵について

LCSS 3 : (座長:福工大)

  1. 高橋 陸(福工大情報工):MASによるイワシの行動シミュレーション
  2. 高津 茉弥(九産大情報科学):カメラによる個人的特徴を用いた入退室判断について
  3. 林 銀(福工大情報工):駅構内のオブジェクト配置による渋滞緩和効果
  4. 江口 倖平(九産大情報科学):若者語と語彙力の関係性の解析について

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

初日,天候等の影響で開始時間が少し遅れましたが,2日,3日両日とも無事に終えることができました.
今回は,比較的ゆっくりとした進行で,発表に対し様々な議論を行うことができました.

講演写真加工済み.jpg
集合写真加工済み.jpg

2日目の朝には,会場であるFITセミナーハウスのテラスから雲海も見えました!!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_adb.jpg

来年度も行う予定ですので,興味のある方は是非ご参加ください!!!

第17回論理と計算セミナー

次の通り,第17回 論理と計算セミナーを計画しています.
皆様のご参加をお待ちしております.

日時: 2018年 9月 2日 (月) 16:00〜18:00(予定)
場所: 福岡工業大学 FITセミナーハウス(大分県由布市湯布院町)
http://www.fit.ac.jp/shisetsu/kagai/seminar/index
参加費:基本無料ですが, 宿泊される場合は,第2回論理と計算サマースクールの参加費が必要.
講演,参加申し込み締切:8月9日
講演プログラム:

  • 16:00–16:30
    粉川竜治(近大):セルオートマトン公開鍵暗号
  • 16:30–17:00
    藤尾光彦(近大):クラスタリング指標のファジー化について
  • 17:00–17:30
    正代隆義(九州国際大):線形回数の所属性質問と1つの正例を用いた正則パターン言語の質問学習

第16回 論理と計算セミナー

次の通り、第16回 論理と計算セミナーを計画しています。
皆様のご参加をお持ちしております。

日時: 2018年 9月 3日 (月) 16:30〜18:00
場所: 福岡工業大学 FITセミナーハウス(大分県由布市湯布院町)
http://www.fit.ac.jp/shisetsu/kagai/seminar/index
参加費:基本無料ですが,宿泊される場合は,論理と計算サマースクールの参加費が必要.
講演,参加申し込み締切:8月10日
講演:

  1. Brett McLean (University College London, 学振特別研究員(サマープログラム)):Algebraic reasoning for functions
  2. 溝口佳寛(九大IMI・数理・データサイエンス教育センター):九州大学数理・データサイエンス教育研究センターと AIMaP 事業について
  3. 井口修一 (福岡工業大学 情報工学部):1次元CAで実現する奇偶ソートについて

今回の論理と計算セミナーは,論理と計算サマースクールの一部として開催する計画です.論理と計算サマースクールは,HPにも趣旨を書いていますが,学部生を中心とした超若手研究者に研究発表・議論の場を設け,研究活動への意欲向上を狙ったものです.こちらも参加を検討いただけると幸いです.

第1回論理と計算サマースクール

講演希望,不明な点,質問などありましたら,井口までご連絡ください.

井口修一( inokuchi (at) fit.ac.jp )

第1回 論理と計算サマースクール

論理と計算サマースクール(LCSS)では、論理と計算セミナーと同様に,計算理論、関係理論、セルオートマトン、グラフ理論など、論理と計算に関する話題のほか、分野や話題を限定することなく、様々な分野の研究者との交流を行います.専門分野を限ることなく、幅広い分野の研究者が意見交換を行うことで、研究活動を活性化する機会を提供します。特に,学部生・修士生を中心とする超若手研究者に,研究発表,研究者との議論を通して,研究への意欲向上,研究の質向上を図り,未来の研究者育成をも目的の一つとしています.

日時:9月3日13:00~4日12:00の1泊2日
場所:福岡工業大学 FITセミナーハウス(大分県由布市湯布院町)
http://www.fit.ac.jp/shisetsu/kagai/seminar/index
参加費:一般10,000円,学生5,000円
参加申し込み締切:8月10日
(宿泊人数に制限があるため,締切日前に申し込みを締め切る場合があります.)
参加される学生には,10分程度の講演をお願いします.

プログラム:
9月3日
13:00 — 14:15 LCSS 1
14:30 — 16:00 LCSS 2
16:30 — 18:00 第16回 論理と計算セミナー
20:00 — 22:00 自由討論
9月4日
9:00 — 11:00 LCSS 3

講演:
LCSS 1 : (座長:九産大)

  1. 杉本実奈美(福工大シスマネ):地震シミュレーションへ向けた砂山モデルの改良
  2. 井町 信ノ輔(九産大情報科学):性格特性を考慮したグループワークへのICT活用と効果の関係性について
  3. 竹繁花音(大分大教育福祉科学部):貯金支援アプリ 貯金でつくるアクアリウム
  4. 山崎 大源(九産大情報科学):睡眠とスマートフォンの利用状況における関係性の解析と可視化について
  5. 浅野佑弥(九大数理):Laplacian Eigenfunctionsを用いた流体シミュレーションの実装

LCSS 2 : (座長:大分大)

  1. 首藤真也(大分大教育福祉科学部):野球スコア集計Webサイトの開発
  2. 森下茄穂(福工大シスマネ):雪の結晶CAにおけるルールが与える影響について
  3. 坂口 涼平(九産大情報科学):理系学生の授業外学習のICTを使った支援システム及び利用法に関する考察
  4. 松藤ちひろ(九大数理):3次元モデルの変形補間について
  5. 綾部百合子(福工大シスマネ):2x2x2ルービックキューブの解析について
  6. 佐々野 俊太郎(九産大情報科学):コミュニケーション向上に向けた取り組みへのICT活用支援と効果の可視化について

LCSS 3 : (座長:福工大)

  1. 月原大貴&山田凌(福工大シスマネ):一斉射撃問題の量子化に向けて
  2. 後藤大輝(大分大教育福祉科学部):高齢者の低栄養改善アプリの開発
  3. 中島康晴(福工大シスマネ):コンビニエンスストアにおけるPOP広告の有効性
  4. 井上 拓哉(九産大情報科学):CAを用いた暗号化システムの構築に関する研究
  5. 平野仁蒔穂(大分大教育福祉科学部):声で予定を知らせる録音機能付きアラームアプリの開発
  6. 衛藤優汰(福工大シスマネ):3次元迷路の作成について

不明な点等ございましたら,井口までご連絡ください.
よろしくお願い致します.

———————————————————————————

4日未明から台風が接近するとのことで,2日目の開催が危ぶまれましたが,大きな影響もなく,無事終了しました.ありがとうございました.

加工後集合写真

加工後講演中

 

実行委員会:
井口修一(福工大.inokuchi (at) fit.ac.jp)
大隈ひとみ(大分大)
石田俊一(九産大)

第15回 論理と計算セミナー

日時: 2017年 2月 17日 (金) 14:00〜
場所: 鹿児島大学理学部2号館5階502
 ( https://www.kagoshima-u.ac.jp/about/campusmap.html )

講演プログラム:

  • 14:00 — 14:30  森 雅生(東京工業大学):関手データモデルに関する実務的見解
  • 14:30 — 15:00  中村誠希(東京工業大学):KleeneのAntimirov偏微分について
  • 15:00 — 15:15  [休憩]
  • 15:15 — 15:45 西澤弘毅(神奈川大学):Multi-valued multirelations
  • 15:45 — 16:15 河原康雄(九州大学):関係の連続性と陰関数の定理
  • 16:15 — 16:30  [休憩]
  • 16:30 — 17:00 田中義人(九州産業大学):Semilattices with operatorsのquasi-identities
  • 17:00 — 18:00  自由討論(当日飛び入り講演OKです!)
  • 18:30 — 懇親会

講演希望,不明な点,質問などありましたら,井口までご連絡ください.

The 14th Logic and Computation Seminar

Date: 2015-11-12 13:00-16:50
Place: Momochi Office, Institute of Mathematics for Industry, Kyushu University
3F, Industry-University-Government Collaboration Innovation Plaza,
3-8-34 Momochihama Sawara-ku, Fukuoka, JAPAN)
( http://imaq.kyushu-u.ac.jp/ja/imaq/access.php )

Program:

  • 13:00-13:10 (Opening)

  • 13:10-13:50
    Verification of Relational Programs and Approximation Algorithms
    Peter Höfner (NICTA, Australia)

  • 14:00-14:40
    Relation-Algebraic Verification of Prim’s Minimum Spanning Tree Algorithm
    Walter Guttmann (Univ. Canterbury, New Zealand)

  • 14:50-15:30
    Axiom of choice and Zorn’s lemma in Dedekind 
    categories
    Yasuo Kawahara (Kyushu Univ., Japan)

  • 15:40-16:10
    A Certified Wang Tiling Program with the Coq Proof Assistant
    Toshiaki Matsushima (Kyushu Univ., Japan)

  • 16:20-16:50
    Origami System using CGA
    Mitsuhiro Kondo, Takuya Matsuo (Kyushu Univ., Japan)
  • 16:50 (Closing)

If you have any inquiry, please let me (ym @ imi.kyushu-u.ac.jp) know.